マイナーな戦略ゲーム研究所

ボードゲーム、steamのPCゲーム(ストラテジー、シミュレーション系)など、あまり日の目を見ないマイナー戦略ゲームを中心に。「Game*Spark」で中華ゲームレビュー「中華ゲーム見聞録」連載中(リンク

20190526102948_1
最近遊ぶようになったボードゲームに『ハラルド(Harald)』というのがあります。

ファンタジー世界が舞台なのですが、登場するのは動物たち。

ただやっていることは、互いの村の威信を比べ合うというマウント合戦です。

日本語版は発売されていないようですが、ルールが分かれば遊べますので輸入版でいいかと思います。

使用するカードも6種類だけ。

Steamでデジタル版があるので、とりあえずルール把握したい人はここから試すといいかと。

2人~4人用です。

ルールをざっくりと説明
ゲーム開始時
1、たがいに手札を5枚ずつ配る。

20190526104431_1
2、1枚を村(自分のすぐ手前)に置く(以降、手札は4枚でプレイ)。

ゲーム開始後
1、手札から1枚を評議会(テーブルの中央。共通スペース)に置く。

2、手札から1枚を村に置く。

3、点数は評議会と村に置かれている同種カードの数の掛け算。
(たとえば評議会にスカウト2枚、村にスカウト1枚置いてある場合は2X1=2点。評議会は共有スペースなので誰のカードでも点数(威信)計算に含まれます)

4、手札を2枚補充(山札か中央に並べられた4枚のカードから)。

5、10ターン繰り返して点数(威信)の多い方が勝ち(10ターン目は村だけにカードを置く)。

基本ルールはこれだけなのですが、カードそれぞれに効果があり、それで点数が倍増していきます。
このカード効果が本作の醍醐味です。

カード効果の解説
カードには

・配置効果:村に配置した瞬間に1度だけ発動する効果
・得点効果:点数(威信)を得るための永続効果


の2種類があります。

村に配置したときの効果は、発動させずにスキップしてもかまいません。

20190526102234_1
狼のスカウト
配置効果:このターン、評議会に配置したカードの配置効果を実行。ただし評議会にもスカウトを配置した場合は何の効果もなし。
得点効果:村にある裏返しになっているカード1枚につき2点(裏返しについてはイノシシの鍛冶屋を参照)。
評価:後述するヤギの船乗りとのセットで点数を稼ぐためのカード。

20190526102830_1
イノシシの鍛冶屋
配置効果:好きなプレイヤーの村、もしくは評議会のカードを合わせて2枚裏返しにする(同じ場所のカードを2枚裏返すのは禁止)。裏返しにされたカードは0枚として扱う(要は点数計算できなくなる)。
得点効果:自分の村にいる戦士の数が鍛冶屋より多ければ4点を得られる。
評価:村に1枚あればOK。残りはすべて評議会送りにしよう。

20190526102832_1
クマの戦士
配置効果:好きなプレイヤーの村からカードを1枚取り、山札の一番下に戻す。そのあと山札を1枚引いてそのプレイヤーの村に置く。
得点効果:村にいる吟遊詩人1人につき1点。
評価:村にいくらあっても困らない。吟遊詩人と一緒に増やしていこう。

20190526102835_1
キツネの吟遊詩人
配置効果:自分の手札にあるカード1枚を、村に置かれたカード1枚と交換する。
得点効果:村にいる吟遊詩人が商人の数よりも多いとき、4点を得られる。
評価:戦士と同様、村にいくらあっても困らない。どんどん増やそう。

20190526102837_1
ヤマネコの商人
配置効果:自分の村にあるカード1枚を、他のプレイヤーの村にあるカード1枚と交換する。
得点効果:村にいる船乗り1人につき1点。
評価:基本的に村に置かなくてもいい。評議会にたくさん置かれていれば1~2枚ぐらい置くのも可。吟遊詩人の枚数と相談。

20190526102840_1
ヤギの船乗り
配置効果:村にあるカード1枚を、評議会にあるカード1枚と交換する。
得点効果:村にいるスカウトと船乗りが同数のとき、4点を得られる。
評価:スカウトとのコンボに使用。配置効果が便利。

カードどうしのシナジー効果で点数をアップさせることができますので、上手く組み合わせましょう。

それと裏返しになったカードは、手札とのスワップ(吟遊新人の配置効果)で表向きになります。

組み合わせ(コンボ)例
吟遊詩人(1枚)+商人(0枚)=4点
商人が村にいなければ、吟遊詩人を置くだけで4点です。

船乗り(1枚)+スカウト(1枚)=4点
お手軽コンボ。そのぶん船乗りを相手に取られたりすることが多いです。

鍛冶屋(1枚)+戦士(2枚以上)=4点
鍛冶屋のカードに「鍛冶屋より戦士が多ければ4点」と書いているので、吟遊詩人と違って最低3枚のカードが必要です。
ただ戦士のカードは「村にいる吟遊詩人1人につき1点」なので、吟遊詩人をうまく組み合わせましょう。

鍛冶屋(1枚)+戦士(2枚)+吟遊詩人(1枚)+商人(0枚)=10点
先ほどのコンボの複合技です。たった4枚で10点。
ここから吟遊詩人や戦士を増やしていけばどんどん点数が増えていきます。

スカウト(1枚)+裏返しのカード(X枚)=X点
おすすめできません。裏返しのカードはそもそもカード効果が使えません。
シナジーで点数の増えるゲームなので、これを狙ってやっても勝てません。
敵に裏返しされてしまったときに、結果的に点数になったぐらいの使い方で。
スカウトは船乗りのために使いましょう。

基本的には「鍛冶屋、戦士、吟遊詩人」を組み合わせるようにすれば点数が大きくなるので、勝ちやすくなるかと思います。

ルールが簡単で、プレイヤーどうしの絡みも多い(相手のコンボの潰し合い)ボードゲームなのでおすすめです。



20190525132833_1
人気オープンワールドRPG『ウィッチャー』シリーズをボードゲーム化した『ウィッチャー・ザ・ボードゲーム』。

完全日本語版が発売されたのが2015年なので、今では入手が困難になっているようです。

英語でのプレイを気にしないのであれば、Steamのデジタル版が安く手に入りますし、AI相手にプレイできますのでいろいろと面倒がないかと。

そもそもこのゲーム、プレイヤー同士の絡みがあまりないので、AI相手でもいいんじゃないかという気がします。

さらにいえば、もう対戦相手すら必要ないのではと。

そもそもどんなゲーム?
本作は『ウィッチャー』の世界を舞台としたボードゲームで、2~4人まで遊べます(デジタル版は1人プレイ可能)。

主人公のゲラルトを始めとして、プレイヤーは能力の異なるキャラクターを選んでプレイできます。

ゲーム開始時に2つあるクエストから一つを選び、こなすことで勝利点が得られます。

クエストのこなし方ですが、基本的には各地にある3種類の手がかりを必要数ゲットするだけです。

誰かがクエストを3つこなしたらゲーム終了。
勝利点の一番多いプレイヤーが勝ちというわかりやすいシステムです。

ボードゲームとしての問題点は?
やはりプレイヤーどうしの絡みがほとんどないことですね。

相手を攻撃したりはできませんし、とにかく淡々と各地をまわって手がかり集めをするだけです。

「相手を出し抜いてやった」というのがないのは、みんなで集まってプレイするゲームとしてはどうなんだろうという気がします。

何が面白いの?
たしかにプレイヤーどうしの絡みはないのですが、クエスト達成までにさまざまな困難がプレイヤーに襲いかかってきます。

常に何かしら困難に見舞われているというレベルでろくなことが起こりません。

他のプレイヤーからちょっかいを出されなくても、ゲームが用意している敵やハプニングがやっかいなのです。

基本的にはゲームVSプレイヤーの構図になってしまっています。

そう考えると、このゲームはソロプレイに向いているのではないかと。

ソロプレイルール
「何ターンで何が達成できるか」というのをルールにするといいかと思います。

たとえば、

・30ターン以内にクエストを3つ達成

・20ターン以内に勝利点30点を達成

といった形です(ターン数は適当)。

「サブクエストもこなさないといけない」など、自分で縛りをもうけたりするのもいいですね。

この手のゲームは付き合ってくれる人を探すのが大変なので、棚でホコリをかぶってしまいがちですが、せっかく持っているのでしたらソロプレイの方法を考えて遊ぶのがいいかと思います。

そういう意味でいくと、ソロプレイのできる『サイズ-大鎌戦役-』はユーザーのことをよく考えて作られているボードゲームですね。









ボードゲームカフェやプレイスペースを開業するためには空き店舗を探す必要がありますが、飲食店と同じようにいくつかポイントがあります。

賃料が安くて初期費用がかからない物件がいいのは当然ですが、商売に適した場所というのも重要です。

いくら賃料が安くても、人が来ない場所(行くのに大変な場所)では商売は成り立ちません。

「ボードゲームカフェは目的があって行く場所だから、少しぐらい辺鄙な場所でも問題ない」

との考えもありますが、しかし人目に付かない場所というのは、そのぶん宣伝費用がかかります。

運よくテレビに取り上げられたりネットで話題になったりしたならよいのですが、そのような偶然に頼った運営はあまり望ましくありません。

やっていることが宝くじを買うのと大して変わらないからです。

それにもう日本ではボードゲームカフェは目新しくありません。

何か目新しさがないと、いまから取り上げられることは難しいかと思います。

筆者の住む台湾でも、狭い地域にもかかわらずボードゲームカフェが乱立していたりもします。

そうなってくると、やはりそれぞれの店がいろいろなサービスを考えて差別化していかなくてはならなくなります。

駅からの距離
日本の場合、重要になってくるのは駅からの距離、要は交通の利便性です。

特定の地域でボードゲームカフェが複数ある場合、それぞれに大きな違いがなければ、客は一番近い店に行きます

ただ電車の場合、駅からの距離が近いことが優先される場合が多いです。

たとえばA、Bの2つの店があるとします。

どの店に通うにしても電車を利用する必要があるとすれば、客側の心理からして駅に着いてからあまり歩かなくていい距離にある店を選びます。

A店:家から6駅、駅から徒歩1分
B店:家から3駅、駅から徒歩10分


このケースを考えると、A店がB店より多少遠い駅にあったとしても、客側の心理としては駅からの距離が近いA店を選ぶ確率が高いです(よほどサービスに違いがなければ)。

駅前は人通りも多く、他にも商業施設があるので、宣伝費をかけなくても自分の店が目に付く可能性があります。
興味のなかった人も、店を見て入ってみようという気になるかもしれません。

また駅の近くなら、多少入り組んだところでも案外客が来てくれます(台湾はこのケースが多いです)。

店舗選びのときは、できるだけ駅の近く(できれば徒歩5分以内)がいいでしょう。
それならちょっと路地から外れたところでも問題ないかと思います。

とにかく客の利便性を考えた場所にしましょう。

潰れてしまった飲食店の失敗の原因のほとんどがこれです。

「どうせ人が来るだろう」と何も考えずに賃料の安い交通不便な場所の店舗を借りて、けっきょく客が来なくて潰れるというケースです(これといった特徴のない店などは特に)。

あなた自身も不便な場所にある店には行きたくないはずです。

「駅の近くは賃料が高い」と思うかもしれませんが、地域によっては徒歩5分以内で10万円以下の場所はいくらでもあります。
ネットなどで日ごろからチェックしておきましょう。

駅の選び方
店は駅の近くのほうがいいですが、利用客数が少ない駅の近くに店を構えても意味はありません

かならずその駅の一日の利用客数を調べておきましょう。

調べ方ですが、駅名で検索すればウィキペディアとかに利用客数が書かれていますので、それを参考にすればいいです。
だいたいの人数は把握しておきましょう。

複数の路線のハブになっている駅、急行がとまる駅などは人が多いのでねらい目です。

自分の感覚で「ここは人が多そうだ」と思わずに、かならずデータに基づいて判断をしましょう。

またその駅はどういう人たちが利用するのか。

サラリーマンなのか、学生なのか、そのリサーチも必要です。

学生の利用が多い場合、長期休暇など季節による人数の増減が激しいです

大学の近くにある駅は人が多いからといって、それが年中続いているわけではないことを認識しておいてください。

大学の近くにある駅はねらい目なのか?
ここで大学生をターゲットにした店を考えてみます。

大学のそばの駅は一見賑わっているように見えますが、大学に行くこと以外に目的のない駅の場合、休暇になると一気に人がいなくなります

学生をターゲットにするなら、

・複数の大学が利用している駅
・商店街などの商業施設が多く、学生以外の利用客も多い駅

どちらの条件も満たしている駅を選ぶべきです。

一つの大学しか利用していない駅の一番の危険性は、その大学にボードゲーム同好会があったらその時点でアウトという点です。

大学内でプレイできるのに、お金のない学生がわざわざボードゲームカフェへ行ってプレイすることは少ないかと。

ボードゲームカフェへ行っても、けっきょくそこにいるのが同じ大学の見慣れた人たちだったら、わざわざ行く必要性はありませんよね。
大学内の会議室ででもプレイしたほうがいいかと思います。

複数の大学が利用している駅なら、大学同士の交流会や、たまに面子を変えてみたいという心理が働いて店へ行く可能性はあります。

また商店街があれば、学生以外の客も利用します。

学生だけを頼りにするのは、リスクが大きいかと思います。

商店街に店を構えることについて
商店街の良さは、やはり商業施設が集まっていることです。

買い物など別の目的で立ち寄った客が自分の店を見てくれるので、思わぬところで新規の常連が付いたりします。

また商店街全体で宣伝活動をしたりしますので、辺鄙なところに一人で店を構えるのに比べれば宣伝費も安く済みます。

やはり利点はその宣伝効果の高さですね。
人通りが多いのは正義です。

地域密着で開業したい場合は、商店街の空き店舗を狙ってみるのがいいかと。

ただ商店街といっても、大型モールの登場でさびれてしまった場所もありますので、一日にどれだけの人たちが利用しているのか、どういう客層なのかをリサーチしておくべきでしょう。

周囲に飲食店や喫茶店が少ない場合は、飲食目的の利用も考えられますので、飲食に力を入れておいたほうがいいかと思います。

大型モールに店舗を構える
集客力は高いですが、そのぶん賃料も高いです。

ボードゲームカフェやプレイスペースは客の滞在時間が長いため、どうしても回転率が落ちてしまいます。

というか回転率の悪い業種なので、構造上大きく儲けることができません。

できるだけ賃料の安い店でやっていくのがボードゲームカフェやプレイスペースの正しい在り方だと思うので、よほどの武器(店の特徴や飲食を中心としたシステム)がないかぎりは厳しいかと思います。

飲食のテイクアウトを別途設けるなど、回転率のよい別の収益源を用意しておく必要があるかと思います。

まとめ
これまでのことをまとめると、

・利用客の多い駅のそば
・人通りの多い商店街、もしくはそのそば
・学生を狙うなら複数の大学がアクセスできる場所
・学生は時期による増減が激しいので、学生だけをターゲットにしないこと
・できれば賃料の安いところ


の5点をまず重点的に考えて店舗さがしをしたほうがいいかと思います。

店によほどの特徴がないかぎりは、交通の利便性を第一に考えたほうがいいでしょう。

開業にはお金がかかるので、店舗選びで失敗しないように気を付けましょう。













座り過ぎの現代人の味方「スタンディングデスク」。

立ちながら作業したりゲームをしたりすると、

・作業効率が上がる
・眠気がなくなる
・腰痛が良くなる


などのメリットがあるらしいので一カ月ほど試してみました。

ただ専用デスクを買っても使わなくなってゴミになる可能性もあるので、まずは家にある子供用のミニテーブルをデスクの上に置いて実行
運よく高さと広さがちょうどいい。
というか、もう専用デスク買わなくいいレベル

それで一カ月ほど試してみましたが、結果を先にいうと立って作業は微妙でした。

少なくとも世間で言われているような「劇的に作業効率が上がった」というのは感じられなかったです。

ただ良い点もあるので、それについても書いていきます。

初日
自家製スタンディングテーブルにモニタとキーボードを置いて執筆していましたが、想像以上に足が疲れて考えることに集中できない

血液が脳に回らず足に回っているんじゃないかという感じです。

慣れの問題かと思って我慢することにしました。

その日の夜ですが、

・ふくらはぎがあきらかに太くなった。
・朝起きようとしたときにこむら返りが発生。
 
日頃の運動不足もあると思いますが、正直しんどかったです。

2日目以降
だんだん慣れてきました。

ふくらはぎもパンパンになってきています。

ただ、やはり立った状態で物を考えるのは厳しい。

簡単なことを考えるのは可能なのですが、キーボードを打ちながら長考するのが難しいです。

作業効率が落ちては本末転倒なので、

・執筆のときだけ座る
・ゲームを遊ぶときや簡単な作業(書く内容が決まっているもの)、読書のときは立つ

で使い分けました。

そのたびにデスクの上のミニテーブルをとっぱらうのは少々面倒でしたが。

それと突っ立っているよりは足を動かしたり運動したりしたほうが疲れないですみます

そもそも同じ姿勢を取っていれば、立っていようと座っていようと体や腰が痛くなるかと。

血液の流れをよくするためにも、定期的に運動したり姿勢を変えたりすることは重要ですね。

立ってゲームするのは結構良い
執筆に関しては立った状態では厳しいものがありますが、ゲームをするのには適していました

メリットは、

・だらだら遊ばなくなった。
・いつでもスパッとやめられる。中毒状態にならない。
・アクションゲームが上手くなる(気がする)。


ゲームのようなその場その場で判断が必要なものだとたしかに集中力は上がりました

ただシミュレーションゲームやストラテジーゲームは長考が必要なので、立って遊ぶのには適していなかったです。

とくにPC上で遊ぶボードゲームとは相性が悪かったです。
要はターン制のものですね。

子供にゲームを遊ばせるときは、「立って遊ぶのだったら許可する」みたいにすると、だらだら長時間遊ばなくなるんじゃないかと思います。

メリット・デメリットのまとめ
メリット
・すぐに判断する必要がある作業やゲームでは集中力や効率が上がる。
・座りっぱなしによる足の筋力の衰えを防げる。
・眠くならない(というか立ったまま眠れない)。

デメリット
・長考が必要な作業やゲームには不向き。
・じっくり考えたいときに足の疲れが気になる。
・ずっと立ったままというのも体に悪い。
・ボードゲームとの相性は悪い。

結論
結論としては、短時間で処理しなければならない作業のときは立って、じっくり考えなければならないときは座るというように使い分けるのが一番かと思います。

あとは立っていようと座っていようとおなじ姿勢を取り続けないこと。
定期的に立ったり座ったりするのがいいですね。

作業スタイルは個人個人で違いますので、スタンディングデスクを万能のものと見るよりも、作業する方法の一つぐらいにとらえたほうがいいかと。

ずっと座ったままのほうが効率がいいという人は、もうそれでいいんじゃないかと。

「絶対この方法が正しい!」とするのではなく、自分にとって一番効率のいい方法を模索するのが良いのではないかと思います。



以前「ボードゲームカフェでなくボードゲームスペースを開業した場合の年収について」の記事を書きましたが、今回はボードゲームカフェ(もしくはプレイスペース)の開業に必要な資格についてです。

基本的には喫茶店などの飲食業に近いので、必要なのは、

・防火管理者
・食品衛生責任者


の資格です。

どちらも1~2日で取れて、しかも一生使えます(ただし甲種防火管理者は条件によって5年ごとの更新が必要)。
「将来開業したい」という人は時間のあるときにさっさと取っておくのがいいでしょう。

食品衛生責任者のほうは店内で飲食を扱わないのであれば不要ですが、防火管理者のほうはほぼ必須です。

内容や取り方、注意点を以下で説明します(ただたんに喫茶店を開きたい人も同様)。

・防火管理者
防火対象物に収容される人数によって必要になる資格です。

飲食店の場合は、店員と客を含めて30人以上収容できるなら必要です。

「テーブルの数からして30人以下だからいらない」

というわけではなく、店の設備や敷地面積で必要認定されてしまう場合もあります

ぶっちゃけ、資格がいるかいらないかは管轄の消防署が判断することなので、自分で勝手に「いらない」と判断しないほうがいいかと思います。

あとビル内のテナントを利用する場合、そのテナントの収容人数が30人以下でも、防火対象物はビル全体になります

ビルで火災が起こった場合、あなたの店だけ何とかすればいいという問題ではないですからね。
火災はあくまでビル全体の問題です。

「ビル全体で30人以下」はありえないと思いますので、この場合は必ず必要です。

というか、あとあと面倒にならないように取ったほうがいいです

人命もかかっていますし、1~2日あれば取れますしね。

ビルの火災は本当に怖いので取って知識を付けておいてください。

・防火管理者の種類と申し込み方
防火管理者には甲種・乙種の2種類があります。

飲食店の場合、

甲種:30人以上で300㎡以上(実質無制限)
乙種:30人以上で300㎡未満


です。

「店は300㎡未満だから乙種で……」

簡単に判断しないこと

ビル内にテナントがある場合はビルが防火対象物になるので、300㎡を越える場合があります。

越えない場合も、消防署が「このビルで店を開くなら甲種が必要」といえば必要。

すべては消防署の決めることです。

甲種は2日、乙種は1日で取れますので、今後のためにも甲種を取ってしまいましょう

乙種だと「この店舗は乙種でいいですか?」といちいち消防署に聞きに行かないといけないので、あとあと面倒。
「駄目」といわれたらけっきょく甲種を取らないといけないことになり、二度手間です。

また乙種はそもそも取得のための講習会が少ないため、乙種を取る方が難しかったりします(時間的に)。

あと講習会の料金は1,000円ぐらいしか違いがありません(地域によって異なりますが、京都は甲種7,500円、乙種6,500円)。

すべてに対応できる甲種を避け、わざわざ乙種を取る理由はあまりないかと思います。

申し込み方ですが、自分の地域の防災センターなどのホームページに申し込み方が書かれていますので、それに従ってください。

京都なら「京都  防火管理者」で検索すればいいかと。

それと一カ月前ぐらいに申し込まないといけないので、余裕を持って早めに申し込んでおきましょう。

・食品衛生責任者
店内で飲食を取り扱うときに必要です。

以前の記事でも書きましたが、

・ジュースをコップに注ぐ
・ドリンクバーを設置する
・皿にお菓子や料理を盛る


をする場合は必要です。
保健所への届け出も必要。

・未開封のペットボトルや缶ジュースを売る。
・未開封のお菓子を売る。

管轄の保健所によって届け出が必要だったり必要なかったりします(筆者が調べたときは、京都では不要、奈良では必要でした)。
自分で判断せず、必ず保健所で確認を取ってください

申し込み方法ですが、京都なら「京都 食品衛生責任者」で検索すれば申し込みサイトが出てきます。

費用は10,000円ぐらい。

地域によっては(席が空いていれば)予約しなくても当日会場へ行って受講料を払えば受けさせてくれますが、基本的には予約した方がいいでしょう。

それと似た名前に「食品衛生管理者」の資格がありますが、まったく別物なので注意してください。
こちらは加工食品などを取り扱う資格です。

それと講習後には終了証明として手帳か賞状を渡されます(地域によって違う)。

まとめ
というわけで、ボードゲームカフェ・スペースの開業に必要な2つの資格の紹介でした。

あとどちらの資格も受講後に簡単なテストがあります。

ぶっちゃけできなくても資格は取れたりしますが(それもどうかと思いますが)、人命にかかわることなので、居眠りしないでちゃんと講習を受けるようよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ